転職サイトで出来ること

転職サイトの中には、単に看護師の求人情報を紹介している転職サイトと、求人情報を紹介するだけじゃなく、転職をサポートしてくれる担当者と実際会いながら、転職の成功まで導いてくれる転職サイトがあります。

後者は転職エージェントとも呼ばれていて、転職に転職サイトを利用するのなら、転職エージェントと呼ばれている転職サイトの方が転職の成功率は高くなります。
転職エージェントの場合、担当者と実際に会って話をしますから、より自分の希望にあった病院を見つけることができますし、人気のある転職サイトだと担当者が病院の面接に同席してくれる場合もあります。

しかも転職エージェントも、求人だけを紹介している転職サイトと同じで、良い看護師を求めている病院側から料金をもらっているので、あなたがお金を支払う必要はなく、無料で利用できます。

さらに転職支援金という、看護師を紹介した際の報酬の一部を祝い金として貰える場合もあるなど、転職の成功率を上げるだけじゃなく、祝い金を貰えるなどの特典もあるんです。

看護師転職サイトには、求人広告やハローワークには出ていない求人情報が紹介されています。
これは転職サイトのコンサルタントが直接病院に行き、得ている情報です。

最初から情報収集のために病院に出向くこともありますが、コンサルタントが他の人の面接に同席したり、職場見学のセッティングに行った際に病院側から情報を得たり、病院の看護師長や看護師部長から得た情報などもあります。

また病院側からこんな能力や経験をもった看護師がほしいといった情報も転職サイトに伝えられたりもしていますから、看護師の方が転職サイトを転職に利用すれば、自分の希望に合った転職先を見つけることができるのです。

ただ自分の希望は担当者に伝えないと意味がありません。
給料の額や休日の数、勤務時間など、自分の希望は、次に担当者に会った時ではなく、事前アンケートや最初に担当者に会った時にきちんと伝えておくことが大事です。
もちろん、自分の希望が必ず叶うとは限りませんが、希望する条件は必ず、できるだけ早く担当者に伝えておきましょう。

転職サイトを利用して転職する場合、面接の病院に出向くまで、実際にその病院に行ったことはなかったという看護師の方もいるようです。

実際、転職サイトで紹介されている病院の雰囲気や担当者から聞いた情報と、実際の病院の雰囲気が違うことはよくあります。

ですので病院の雰囲気や、どのような看護師が多く働いているのか?とか、休みはとりやすいか?などの情報は、転職サイトからだけで得るのではなく、自分で調べておくことも、転職の成功へと繋がります。

実際にその病院で働いている看護師の声を知りたいのであれば、人気の転職サイトではその病院で働いている看護師や利用した患者の口コミの体験談が掲載されていますので、いくつかの人気転職サイトで情報収集をするという方法があります。

また、直接、病院を見に行けるのであれば、実際に病院まで行ってみて、病院の雰囲気やどんな年代の看護師が働いているのかを見てみるといいでしょう。

転職サイトの担当者にまかせておけば面接までセッティングしてくれますが、転職に成功したいのであれば、全てを転職サイトまかせにはしないことが大事です。

Copyright (C) 2016 ナースのための転職サイトの実態 All Rights Reserved.

TOPへ